サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

しょこ ☆ MUSIC

しょこ ☆ MOVIE

  • ブラックメリーポピンズ2016年版
  • 塔の上のラプンツェル
  • 「ヌイグルマーZ」Blu-ray 初回限定版

カウント☆ダウン

幕張メッセッセ

  • 2010年11月13日、14日。 『超貪欲☆まつり in 幕張』 中川翔子CDデビュー5周年記念。 初の試みである幕張文化祭「楽翔祭(らくしょうさい)」 合間を縫ってのスナップ写真をご覧くださいませませ。(^ω^)
    ※要ID、PW(友人のみに公開)

« 生誕ライブ@豊洲PIT 2018.05.05 | トップページ | 貪欲会15 (2) 2018.09.01 »

貪欲会15 (1) 2018.09.01

9月1日、「月がかわってイベントよ!」w

貪欲会7から数えて9回目の参加になった、『貪欲会15』
集合場所は、恒例“東京駅近くの某所”。
(実際には有楽町の方が近い)

20180901don_02

目的地はシークレット。

バスは今回から指定席になりました。
ここ数年安定の1号車。オタ席はゲットならず。coldsweats01

20180901don_03

でも若干席に余裕があって、ボッチ参戦の幾人かは隣が空席。
楽チンでした。happy01
1号車は男性専用車両(←年齢層高め)となっており、これも安定。
2号車は女性専用(←年齢層若め)の様子でした。
全部で6台、昨年同様「平成エンタープライズ」さん。

今回は「蕎麦打ち体験」をおこなうということで、栃木か群馬か、あるいは埼玉かと予想。

しかし首都高に乗ってから東へ向かう。
これまで多用された「三日月」か?coldsweats01

20180901don_04

でもアクアラインではなく、京葉道路を進んでいく。
三日月ではなさげ。
房総半島の付け根の山間部かな?

Clip_now_20180901_095723

と思ったら、潮来のい太郎 ちょっと見なぁればぁ~

20180901don_05

そう来ましたか。
茨城県!
蕎麦処というイメージはなかったけど、茨城は農産物も水産物も豊富な県ですものね。

ホテルに入ってロビーを抜け、1階の宴会場へ。
蕎麦打ちの仕度がしてありました。
8人ずつ、指定されたテーブルへ。

20180901don_06

しばし待機の後、我等が姉御“みかさん”登場。
オタクいじりとか少々の後、待ってました“しょこたん”登場!
一気に熱気が立ち込める!

しばしトークの後、蕎麦打ちの指導をしてくださる蕎麦職人の渡辺さん登場。
渡辺さん、この日のために、しょこたんのアルバム買ったり、DVD見たりと、かなり予習されてきたそうです。
蕎麦打ちのプロの渡辺さん、ということで、みかさんより「ナベプロ師匠」と命名!www

まずはしょこたんがお手本をということで、ナベプロ師匠のご指導でしょこたんが蕎麦打ち。
“デス料理”は過去の話し。
今は料理上手なしょこたん、さすが手際がいい!

→ スタッフさんツイート「蕎麦打ち体験中」

→ スタッフさんツイート「初披露」

プロジェクターでしょこたんの手元が映されたのですが、プロジェクターちょっと旧式?
彩度が低い上、白トビが多くて、台と粉と手の区別がつかず。www
まぁ、雰囲気ですな。coldsweats01
(↓の写真は始まる前に撮ったものです)

20180901don_08

蕎麦切りの段階で、師匠「しょこたんは右利きですか?」
しょこたんは左利き。
そこで師匠は、左利き用の包丁を渡します。さすが師匠!
「今まで考えずにハサミとか包丁とか使ってた」としょこたん。
逆にスゴイ!(←ハサミって逆だと切れないものですよ)

続いて参加者全員で蕎麦打ち。
8人に対してボール4個、打ち台2台、まな板1台。
順番こですね。

20180901don_07

水の量が微妙ということですが、予め粉も水も計量されており、スタッフさん大変だったろうな。
ありがとうございます。

まず小分けされた蕎麦粉をボールに全量投入。
水を半分+気持ち投入し、割らない割り箸の根元の方で、100回混ぜます。
次に残りの半分の水を入れ、再び100回。
残りの水を入れて、また100回。

1,2,3,4,…と数えながら、混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ…。

ふと聞こえたみかさんの声。
「みんな必死で誰も気が付かないね」
混ぜながら振り向いたら、ちょうど通り過ぎたばかりのしょこたん
「無理だよぉ~!」sad www

最初ぼそぼそだった蕎麦粉が、大き目のダマの集合体に。
手でひとつにまとめてからの、つぶして半分折りにして、つぶして半分折りにして…。
コレを50回繰り返す。
この回数が少ないと、ボソッとした食感になってしまうそうです。

本来なら母指球あたりでグイッと押すのでしょうが、不安定な右手でボールを支え、利き手ではない左で押すのではちょっと力が弱いかな?
そこで途中から拳骨で押してみました。
おぉ、いい感じに潰れる!

丸いお団子にて、のし台へ。
のし台の四辺には、ちょうど目標とする厚みの縁がついてます。
少しずつのしていけば、誰でも最適な厚みになる仕掛け。
「打ち粉は多目がいいですよ」とのことで、遠慮せず使用。

切るのは難しそうですね。
「太さは1.5ミリ、マッチ棒ぐらい。
 包丁を落としたら、刃を傾けて添え板をずらし、切る」
すこし切ったら、結構調子よく切れました。
やったぁ!

と思ったけど、「アレ?太い!」www
ここでは茹でず、あとはお持ち帰りということで、パックに詰めます。

20180901don_09

蕎麦をバラけないように、注意深く持ち上げ…
バラけないよ!?coldsweats02
切れてるように見えて、裏側がつながってる。weep
板チョコの溝みたいなもんだよ。bearing

しょこたんが回ってきたとき、
「ちゃんとできた!ように見えて…」
裏を見せて
「切れてない!」happy02
で、笑っていただきました。

保冷バッグと保冷剤(←冷たいけど凍ってないw)をもらい、お持ち帰り。
私は都内だからいいけど、遠征組の方々は大変だったみたい。

いい感じに全員参加で時間が過ぎ、蕎麦完成!
皆さん、お疲れ様でした。

しょこたん、一旦退場され、全員でお食事会場へ移動。
バンケットホールの部屋名に「翔」の文字!

20180901don_15

テンション上がりますなぁ!

>>続く

« 生誕ライブ@豊洲PIT 2018.05.05 | トップページ | 貪欲会15 (2) 2018.09.01 »

イベント」カテゴリの記事

とのたについて

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30