サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

しょこ ☆ MUSIC

しょこ ☆ MOVIE

  • ブラックメリーポピンズ2016年版
  • 塔の上のラプンツェル
  • 「ヌイグルマーZ」Blu-ray 初回限定版

カウント☆ダウン

幕張メッセッセ

  • 2010年11月13日、14日。 『超貪欲☆まつり in 幕張』 中川翔子CDデビュー5周年記念。 初の試みである幕張文化祭「楽翔祭(らくしょうさい)」 合間を縫ってのスナップ写真をご覧くださいませませ。(^ω^)
    ※要ID、PW(友人のみに公開)

« 「KISEKI」ディナーショー(4)エピローグ 2017.12.21 | トップページ | だけじゃなぁ~い! »

戯伝写楽 ATしょこたん 2018.01.18

舞台の内容についてはまだ公演中なのでネタバレ禁止で。
ただ、カラクリ屋敷のようなセット、生バンドの音楽による「お江戸ミュージカル」は新鮮で楽しかったとだけ。
出演者の皆さんは一流揃いなので、質の高さは言うまでもない!
それにしても 村井國夫さんの渋い声、いいですねぇ!confident
ああいう声の小父様になりたいものです。

→ cube公式サイト

18日のアフタートークには、しょこたんが登壇。
池袋駅のすぐ前にある、東京芸術劇場へ。

20180118sharaku02

西口側(有楽町線側)の地下通路直結です。

20180118sharaku03

幾度となく訪れた場所ですが、劇場は初めて。coldsweats01

エスカレーターで2階へ。

20180118sharaku04

さすがに誰もいない。w

20180118sharaku05

20180118sharaku07

「Play house」入口。

20180118sharaku08

この日は平日ということもあってか、開場30分前ぐらいから集まり始め、列形成は15分前ぐらいでした。
指定席だから急ぐ必要はないんですけどね。

主要メンバーのサイン入りポスターは各回10枚限定。
ロビーに貼ってあるポスターを見て、「この大きさでは飾る場所がなぁ…」と、パンフレットだけでいいかと思っていましたが、販売されるポスターはB2版。
これなら大丈夫と急遽決意。
無事購入できました。wink

20180118sharakug01

アフタートークの案内。
楽しみです!

20180118sharaku09

この会場の席は、ほとんどがS席。
FC先行のS席で6列目したが、一番端。

20180118sharaku10

(見切れがないのがS席って聞いたけど、上手が見えないぞ!despair
数少ないし、若干見切れる範囲は増えるけど、案外A席の方が見やすいかも。

20180118sharaku11

先述の通り、東京に次いで久留米、名古屋、兵庫と公演が続きますのでネタバレ禁止。

で、アフタートークへ。
ほとんどのお客さんが残っています。(そりゃそうだ!happy01

舞台が終わってアフタートーク。
18日は、タカラジェンヌの御3人、壮一帆さん、華耀きらりさん、大月さゆさん+中川翔子さん、中村美貴さんの5名によるガールズトーク。
進行は“鉄蔵”役の山崎樹範さん

20180118sharaku12

自己紹介では皆さん簡潔に名乗る感じ。
しかし「右手を猫の形にして…」で、貪欲たん以外もたくさんいる会場の皆さんで「トゥットゥル~!」www
さすがです。ブレない!happy02

花魁“浮雲”役の壮一帆さんは、終盤の衝撃的な衣装&メイクを花魁に戻してのAT参戦。
イスに座るのも、ポジション移動も大変そう。
元々宝塚の男役で身長があるのに、花魁道中用の高い下駄を履き、大きく結ったカツラをつけると「2mになる!」w
で、そのカツラは重さも相当なもので、しょこたん曰く「壮一帆さんの肩の凝りが尋常でなく、どこが骨か分からず、指が入らないほど堅い」のだとか。
「それなのに妖艶な演技が出来てスゴイ!」と。
そんな壮一帆さん、しょこたんが肩を揉んでくれると嬉しそうに語っていました。

進行の山崎さんから「ところで宝塚の芸名って、どうやって決めるの?」
壮一帆さん、「いろいろ!」www
「だからそこをkwsk」←そりゃそうだw
自分で考えたり、付けてもらったり、基本自由だそうです。
芸名を決める時期は、初舞台前の夏休みの宿題になるということで、
「楽しそうですね」に対して「結構大変なんですよ!」と。

壮一帆さんは赤ちゃんの名付け方の本を参考に。
華耀きらりさんは先に名前を「きらり」と決め、それに合う姓を考えたとか。
大月さゆさんに行くかなと思ったら、「実は2人の宝塚ネームも考えた」と。

中村美貴さんは普段“ミキティー”と呼ばれていることから、「希紅茶」と書いて“のぞみティー”。w
みんなが考えたしょこたんの宝塚ネームは“猫翔子”とか“猫たんしょうこ”とか。
「猫ひろしか!って感じ」www
いずれにしても、「宝塚なら、しょこたんは男の子役だね」なんて言われて、たしかに!www

最終的にしょこたんは自分で考えました…というところで、折角だから宝塚での初披露スタイルでやってみようと。
立ち位置変更に、花魁衣装が大変だったり、有線マイクの交換したりと、ちょっとした騒動。www

で、披露されたのが“におうたん”。www
界隈では知る人も多いと思いますが、桂子さんが考えた名前は「薔子」と「匂」。
その第二候補を使ってみたと。
出演者一同、「中川匂」だったら、今の姿はなかったと思う。w

20180118sharaku13

ときに、何かと進行役の山崎さんをイジるしょこたん。
格子柄の衣裳を「ポケ森のチェック柄だ!」なんて言ったり。w
実は劇中登場する“ひょっとこ”も山崎さんで、顎でお面を支えたり汗だくなのだとか。
稽古中はセリフも喋れるようにと、ハーフ面でセリフがない時は自分の口を“ひょっとこスタイル”に。
口が攣ったとかの裏話も。

20分ほどでしたが、楽しいトークに大満足!happy02
池袋を後に。

20180118sharaku14

26日も観に行く予定。
またね~!happy01

→ 【関連記事】ナタリー(ゲネプロの記事・ネタバレ的です)

« 「KISEKI」ディナーショー(4)エピローグ 2017.12.21 | トップページ | だけじゃなぁ~い! »

演劇」カテゴリの記事

とのたについて

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31