2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« ポール・マッカートニー(2) 開演待ち 2018.10.31 | トップページ | ポール・マッカートニー(4) 続き 2018.10.31 »

2018年11月 1日 (木)

ポール・マッカートニー(3) 開演! 2018.10.31

いよいよ始まったぁ~!!!
『フレッシュン・アップ ジャパン・ツアー2018』 
「A Hard Day's Night」からキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
一気に最高潮!

20181031paul_301

そして次はWINGSの「Hi, Hi, Hi」と来れば、もう中高生時代のオイラに戻っちまう。
3曲目に来たのが「All My Loving」だぜ!
もう泣けてくる。

以下、略 bleah ← オイ!coldsweats02

うそうそw coldsweats01
でも詳しい模様はオリコンとかが書いてくれていますから、是非そちらで。
恒例「他力本願」www bleah

【記事サイトへのリンク】

 ・ポール・マッカートニー 公式サイト

 ・31日のレポ

【公式系】
 ・RolligStone

 ・ORICON NEWS

 ・billboard JAPAN

【読み物系】

 ・ネタバレ、セトリ、感想レポート(31日)

 ・ネタバレ、セトリ、感想レポート(01日)

これらで十分?
まぁ、オイラ自身もそう思うけど、もう少しお付き合いいただければ幸いです。
あっさりレポします。← と言いながら、画像多くて重いし長いし coldsweats01

20181031paul_203

※アマチュア機材(スマホ、コンデジ等)での静止画撮影可

懐かしのビートルズ曲、ウイングスの曲、そして新曲と盛りだくさん!
外さないなぁ。

20181031paul_302

20181031paul_303

サイドスクリーンの映像が助かります。

20181031paul_304

ファンが期待してる通りの曲はもちろん、「お!それ演ってくれるの!」と言う曲、「それ、持って来ましたか!」と、ワクワクウキウキしっ放し。
分かっておられる。

20181031paul_305

照明が、これまた艶やか!

ブラスが客席側に。

20181031paul_306

ブラスが印象的なウイングスの曲と言えば…

20181031paul_307

note Oh I feel like letting go notes happy01

20181031paul_309

“そりゃ撮影可になるな”という条件。www
でも生で聴けるだけで気分は最高!

20181031paul_310

照明効果が、これまた綺麗!
ベースからピアノに持ち替えて。

20181031paul_313

20181031paul_314

奥さん思いなんですね。
奥さんに贈る歌や、お子さんに贈る歌を歌うミュージシャンと言えば、パッと思い浮かぶのはポール・マッカートニーと、ギルバート・オサリバン。happy01

20181031paul_315

ドーム内をレーザー光が走ります。

20181031paul_316

後方の天井もスクリーンに。

20181031paul_317

20181031paul_318

20181031paul_320

20181031paul_322

日本語も結構使ってMCをしてくれます。
でも英語で話した時は、同時通訳がちゃんと出てるかも気にしてくれたり。

20181031paul_323

幻想的な世界が展開。

20181031paul_324

「ジョンに拍手を。」

20181031paul_325

まるで宇宙!

20181031paul_329

20181031paul_332

20181031paul_335gif01

↑クリック!(gifアニメ)

20181031paul_333

20181031paul_334

遠い席だなあと最初は思ったけど、素晴らしい照明効果も全部見渡せて、これはかえって良かったかも!happy01

>>続く

【この日のセトリ】

01 A Hard Day's Night (B)
02 Hi, Hi, Hi (W)
03 All My Loving (B)
04 Letting Go (W)
05 Who Cares (P)最新アルバム『エジプト・ステーション』収録曲
06 Come On to Me (P)最新アルバム『エジプト・ステーション』収録曲
07 Let Me Roll It (W)
08 I've Got a Feeling (B)
09 Let 'Em In (W)
10 My Valentine (P)
11 1985 (W)
12 Maybe I'm Amazed (P)
13 I've Just Seen a Face (B)
14 In Spite of All the Danger (Q)
15 From Me to You (B)
16 Love Me Do (B)
17 Blackbird (B)
18 Here Today (P)
19 Queenie Eye (P)
20 Lady Madonna (B)
21 Eleanor Rigby (B)
22 Fuh You (P)最新アルバム『エジプト・ステーション』収録曲
23 Being for the Benefit of Mr.Kite! (B)
24 Something (B)
25 Ob-La-Di, Ob-La-Da (B)
26 Band on the Run (W)
27 Back in the U.S.S.R. (B)
28 Let It Be (B)
29 Live and Let Die (W)
30 Hey Jude (B)

[Encore:]
e1 Yesterday (B)
e2 Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) (B)
e3 Helter Skelter (B)
e4 Golden Slumbers (B)
e5 Carry That Weight (B)
e6 The End (B)

※(B)ザ・ビートルズ
 (W)ウイングス
 (P)ポール・マッカートニー
 (Q)ザ・クオリーメン(ザ・ビートルズの前身)

« ポール・マッカートニー(2) 開演待ち 2018.10.31 | トップページ | ポール・マッカートニー(4) 続き 2018.10.31 »

洋楽」カテゴリの記事