2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« ポール・マッカートニー(1) プロローグ 2018.10.31 | トップページ | ポール・マッカートニー(3) 開演! 2018.10.31 »

2018年11月 1日 (木)

ポール・マッカートニー(2) 開演待ち 2018.10.31

>>前記事から続く、プロローグPart.2!www coldsweats01

席に着きます。
S席だけど、遠い!sad

20181031paul_204

スピーカー、邪魔!wobbly

20181031paul_206

A席とかB席ってどこなんだよ?と思うようですが、しゃぁないすね。

メカマニアのオーディオマニア。
調整卓が気になります。coldsweats01

20181031paul_207

思えばポールを知ったのは、中学1年の時。
当時は(中学生の)音楽のジャンルといえば、歌謡曲、演歌、ポップス、クラシック、その他。
歌謡曲から派生するような形でフォークソングとか、ニューミュージックとか。
その他には民謡とか童謡とか。

で、中学生が主に聴くのはフォークソング、ニューミュージック、ポップス。
ポップスではカーペンターズから入る人が多かったかな。
自分の界隈では、ビョルンとベニー「木枯らしの少女」
これのレコードを買うのがクラスで流行って、私が初めて自分で買ったEP盤もコレ!

やがて押し寄せてきたビートルズ
当時は既に解散して間もない頃でした。
なので今風に言えば、“ビートルズ・ロスによるリバイバルブーム”だったのかな。
ラジオでも盛んに流れてたし、主演映画の再上映があったり。

ハマリましたねぇ。
当時好きだった曲は、She Loves You、A Hard Day's Night、I Feel Fine、Penny Lane…。
挙げたらキリがない!www
静かな曲ではNowhere ManやThe Long And Winding Roadなども好きだった。
Sexy Sadieのイントロから1フレーズ目への流れなんて、もう鳥肌モノ!
Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkeyの間奏というか終盤だけど、エレキの音が続くところには痺れました!

当時は原題で語るのが“ナウ”で(←笑うところですよぉ)、前述の「Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey」とか「The Continuing Story of Bungalow Bill」なんて長いのをスラスラ言えるのがステータスだったりして。w
そのおかげで、英作文は得意でした。

Let It Be」ですか?
ド定番は“ダセェ”と敢えてディスるのが、中学生クオリティー。www
でも音楽室のピアノで前奏を弾いたり(←前奏だけなら誰でも弾けるw)してましたけどね。

中3の受験を間近に控えた1月某日。
ビートルズ仲間の同級生3人で、地元の映画館で上映された「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ」「ヘルプ」それと「レット・イット・ビー」の3本立て
親があきれて担任に愚痴ったんだったかな。
担任に呼び出されましたよ!
まぁ、普通に考えてダメですよね。www
入試結果ですが、1人は私立単願で決まってたので問題なし。
自分ともう一人は一緒に同じ県立高校を受けて、仲良く一緒に落ちました!www

リアタイで楽しんだのは「Wings」。
「ハイハイハイ」「マイ・ラヴ」「007 死ぬのは奴らだ」「バンド・オン・ザ・ラン」「ヴィーナス・アンド・マース」「夢の旅人」「ロンドン・タウン」etc.etc.
これまたキリがない。www。

20181031paul_209

なんていろいろ思いにふけったのも、開演待ちにOpening ActのDJや、特製映像と共に懐かしい曲が次々かかったから。。

20181031paul_210

会場を見渡せば、リアタイで楽しまれた先輩(推定80代)から、若い方、親に連れられた小学生まで、実に幅広い。
そして年齢に関係なく、みんなが同じようにノッている!
いいですねぇ!

余談ですが(←全部余談だろっ!w)、高齢者施設で働く人に見てもらいたい。
年寄りだからって、童謡に合わせてカスタネット叩かせるんじゃない!と。bleah

そんなこんなで2時間待機。coldsweats02

いよいよ始まったぁ~!!!
A Hard Day's Night」からキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

20181031paul_301


>>続く

オイ! ヾ(・ω・o) ォィォィ

« ポール・マッカートニー(1) プロローグ 2018.10.31 | トップページ | ポール・マッカートニー(3) 開演! 2018.10.31 »

洋楽」カテゴリの記事